銀行ならカードローンも総量規制対象外

総量規制とは、みなさんご存じ、個人の借り入れ額を年収の3分の1を上限とする法律上の取り決めですが、それは貸金業法上の取り決めなので銀行の融資は総量規制の対象外となります。

 

ですから、お金が必要になったときにいつでもキャッシングできるカードローンも、銀行ならもちろん総量規制対象外となります。

 

カードローンは大手消費者金融や信販会社のみならず、銀行にもありますし、何より総量規制対象外の銀行なら金利が低いというのが魅力ですね。

 

さらには銀行であってもメガバンクやネットバンクなら、ネットから申込み・契約までできて、最短で即日融資が可能なカードローンはたくさんありますのでチェックしてみてください。

 

おすすめ銀行のカードローン

ネットから契約まで完結する、おすすめの銀行を紹介しますね。


銀行ならお金を借りるのも安心ですね!

消費者金融からお金を借りたくありません。

銀行で住宅ローンを組んでお金を借りるのは誰でもしていることですし、お金を借りると言っても抵抗はないのですが、消費者金融でお金を借りることには抵抗があります。

 

私の父は自営業で、親戚一同をみても大抵が自営業なのでお金を借りた後に返せる見込みを何日までときっちりとたてるのが難しいため、昔から父には「物を買う時には現金一括払いで」と教えられて来たので何か欲しい時やお金が必要になるときには前もって予測して必要な額よりも多めに貯めておくのでお金を借りる必要がありません。

 

1度借りたらクセになってしまいそうですし、貯めておけば返す際の利息を支払う必要もないので借りないのが一番お得だと思っています。

 

どうしてもお金が必要になった場合は信用出来る人から借りるようにして、仮に金融機関から借りるとしても信販会社より銀行で、消費者金融は何があっても使わないつもりです。沢山CMをしている大手の消費者金融などはそれほどの利息を取ることはないと思いますが、いつ何が起こるか分からないので借りたくはないです。

 

消費者金融で借りるメリットは

消費者金融の利息は銀行に比べほとんどの場合割高になるので、可能であれば、銀行から借りたいところです。

 

また、2010年より実施された総量規制により、消費者金融では年収の3分の1以上の借り入れは、一部の例外を除きできないので、高額になるほど銀行から借りることが多くなります。例外とは、住宅や車のローン、借り換えローン、医療費などで、これらは総量規制の対象外になるようです。

 

しかしながら、消費者金融で借りる場合にもいくつかメリットがあります。例えば、審査から借り入れまでの時間が非常に短い事があげられます。金額にもよりますが、即日融資をウリにしている会社も多数あり、急な入り用の時には大変便利です。(注記:最近は銀行のカードローンにも同様のサービスがあります

 

また、条件付ではありますが、無利息で借りられるキャンペーンを行っている所もあり、その場合は、当然銀行よりも有利な条件で借り入れ可能です。

 

ただし、無利息期間は30日程度のところが多いので、ちょっとした金額や、確実に返済できる予定がある場合に限られそうです。(注記:このサービスがあるネット銀行もあります。